水のコラム

お風呂の排水口に水が溜まっているのはなぜ?原因と対策方法をご紹介!

2022年12月23日  お風呂のトラブル

ふと気がつくと、お風呂の排水口に水が溜まっていることはありませんか。気にはなっていたけど、知らないうちにそのまま引いていくので放置していたという方も多いのではないでしょうか。

実はお風呂の排水口がつまりを起こし始め、水が溜まっている状態なのです。そこでこの記事では、原因や対策法などを詳しく解説していきます。放置しておくと取り返しのつかない事態に発展しますので注意してください。

お風呂の排水口に水が溜まっている原因

水が溜まってしまう原因は、大きく分けて2つあります。まずは汚れによるものと、固形物によるものです。固形物が、排水口まで流されることはあまりないと思う方もいると思います。しかし実際に多くある事案であるため、参考にしてください。

汚れによるつまり
まずは汚れによるものをご紹介していきます。お風呂の排水口がつまる原因の多くは、髪の毛が代表的な汚れです。それに続き皮脂垢や、シャンプーなどの石鹸カスが蓄積されていきます。ではここから、ひとつずつ解説していきます。

髪の毛
人の髪の毛は1日100本程度抜けると言われています。男性も女性も同じくらいの本数が抜けているのですが、女性は髪の毛が長い方が多く排水口に絡まる確率も高いのです。シャンプーやリンス時にそのまま流されるケースがほとんどでしょう。

垢や皮脂のカス
垢や皮脂は、湯船に浸かると自然に体からでてきます。温まることで毛穴が開き湯船の中に浮かんでいくのです。またタオルなどで体を洗ったときにもでるため、洗い流したあとは、石鹸と一緒に排水口へと流されていきます。

シャンプーなどの石鹸カス
シャンプーやボディーソープの石鹸類も、排水口がつまる原因になっています。お湯で洗い流された泡は、そのまま排水口へと進んでいきますが、時間が経つと固まってしまうのです。髪の毛などと絡みつくことで、更につまりを悪化させてしまいます。

固形物によるつまり
つぎは汚れによるものではなく、固形物による原因を紹介していきます。固形物が流された場合、キャッキャーで回収できれば良いのですが、排水口に流されてしまうと業者に依頼して回収してもらうことが多くなります。

詰め替えのキャップやカミソリなど
洗剤や石鹸などの詰め替えキャップや切り口を放置しておくと、掃除中に流されてしまうケースもあります。そのほかカミソリの羽を交換したまま放置したり、ヘアピンを置き忘れたりすることで、固形物は排水口へと流されていくのです。

異物のつまりでは業者依頼が安心
ゴミキャッチャーや排水口の見える範囲に固形物がある場合には、自分で回収することが可能です。しかし奥まで流されてしまい、つまりを発生させた場合は業者に依頼することが改善策になります。無理をせずプロに任せましょう。

お風呂の排水口に水が溜まっている場所

複雑な構造をしている排水口では、水が溜まっている場所が限られてきます。原因になっている場所や仕組みを確認しておきましょう。排水トラップは複雑な構造ではありますが、分解して掃除することで解消できる可能性もあります。

ユニットバスは水が溜まりやすい
アパートや最近の浴槽は、ユニットバスを採用していることが多く、主流になってきています。しかしユニットバスは、浴槽と洗い場の排水管がつながっている構造であるため、両方が一緒に流れる可能性もあります。

そして、浴槽の排水を行うと洗い場の排水口に水が溜まってしまうのです。一時的なものであれば問題はありませんが、毎回状態が同じである場合やつまりが生じて逆流する場合は、対応しなければなりません。

排水管や排水桝内でつまりが起きている
排水管や排水桝内でつまりが生じていると、うまく排水できず逆流して洗い場の排水口に水が溜まってくるのです。排水管のつまりは、ワイヤーブラシで対処することも可能ですが、奥に原因があるときや慣れていないと上手くいきません。

この場合は専門業者へ相談することがおすすめです。調査をおこなった上で、具合や症状を教えてくれます。見積りを出してもらえるので、そのときに検討してみてはいかがでしょうか。

水が溜まっているときの対処法はどのように行えばよいのか、悩むことも多いでしょう。ここからは、水が溜まっているときにできる対処法をいくつかご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

重曹やお酢を使う方法
重曹やお酢を使って解消する方法です。この方法は垢や皮脂汚れ、ヌメリなどの初期段階に有効な方法になります。お酢のにおいが気になる方は、代わりにクエン酸を使用しても効果は同じです。

まずゴミ受けに溜まったゴミや髪の毛を取り除きます。きれいにしたゴミ受けに重曹1/2カップとお酢やクエン酸を1カップ投入します。そのあとすぐに発砲し始めますので、30分から1時間程度放置してください。時間がきたら念入りに洗い流しましょう。

ハンガーを使う方法
ワイヤーブラシが自宅にないときは、ハンガーを代用することが可能です。ヘアキャッチャーを掃除しても解消されないときに試してみてください。針金ハンガーはペンチで切り、真っ直ぐな状態にしておきます。

そのあと分解した排水口にハンガーを差し込んでいきます。排水管の中で汚れにぶつかったら、押し込んで穴をあけることで水が流れる手順です。手前に汚れが溜まっている場合に、効果的な応急処置になります。

ラバーカップを使う方法
ラバーカップとはトイレのつまり解消によく使われているアイテムです。このラバーカップを使うときは、トイレの和式用を使用してください。また排水口のサイズに合っているかも大切な確認事項です。

まずは排水口のフタやヘアキャッチャーを外します。そのあと、排水口が隠れるようにラバーカップを密着させましょう。ゆっくり押し込んで思い切り引っ張る動作が上手くいくコツになります。数回くり返して水が流れたら完了です。

薬剤を使う方法
市販の薬剤を使う方法もおすすめです。しかし、こちらも完全につまっている状態では効果が期待できないため、初期段階に対処するアイテムとして考えておきましょう。市販で販売されている薬剤は、塩素系の薬剤がおすすめです。

原因として髪の毛の汚れが大半を占めるため、塩素で溶かして流す方法が有効になるのです。刺激臭が強いものがありますので、手袋や保護メガネをして換気しながら作業を行ってください。

実践しても解消されない場合は業者に依頼する

対策方法をすべて実践してみたものの、効果がみられない場合は、排水管の奥でつまりが発生しているか、見えない場所に固形物がつまっている可能性が考えられます。汚れも付着すると、市販の薬剤では対処できないため業者に依頼してください。

専門業者に依頼する前に、調査や見積りを無料でおこなって貰えるかを確認しておきましょう。水道局指定業者に依頼することもおすすめです。

業者に依頼した場合の料金目安は?
業者に依頼した場合、どのくらいの料金がかかってくるのでしょうか。実際には状態や、業者、作業内容によって異なります。ここでは目安としての料金を紹介していきますので参考にしてください。

浴槽排水につまったキャップの取り除き作業では8,800円程度で、つまり除去ではトーラー機使用の3mまでが33,000円程度になります。なにがどの辺りでつまっているのか、使用する工具は何なのかによって料金が異なることを把握しておきましょう。

まとめ

この記事では、なぜお風呂の排水口に水が溜まっているのかを解説してきました。浴槽の汚れはさまざまなものがあり、放置することで状況が酷くなります。早急に原因を突き止め、対策をおこないましょう。

初期段階で対処できれば、自分で解消させることも可能です。気になったらすぐに対策法を実践してみましょう。しかし固形物が奥の方でつまっている場合は、業者に依頼することをおすすめします。

ワイヤーブラシなどで無理に行うと、逆に悪化させたり違う箇所を破損させてしまう可能性もあります。自分での対応が難しいと感じたら、一度業者相談してみてはいかがでしょうか。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

水のサポート愛媛 0120-670-076

水のサポート愛媛 0120-670-076