水のコラム

キッチンメーカーの特徴!強みやおすすめポイント

2022年06月03日  キッチン


キッチン選びをする上で、メーカー選びに頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。
何を基準に選んだら良いのかわからなくなってしまう人もいるでしょう。

そこで、この記事ではキッチンメーカーの特徴や、おすすめポイントを徹底解説します。
キッチン選びの参考にしてください。

3種類のキッチンの種類ごとの違い

一般的に、キッチンといえば「システムキッチン」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし、キッチンは他にも種類があるのです。ここでは、3種類のキッチンの特徴や違いを取り上げます。

システムキッチンの特徴
システムキッチンは、大手ハウスメーカーや工務店を中心に広く採用されているキッチンです。
レイアウトやサイズが決まっていて、加熱機器や扉の面材を選べるという特徴があります。

新築やリフォームの際には、好みで調理台やコンロの各機能やパーツを選択することや、統一感のある色やデザインでまとめることも可能。キッチンとしての機能性も高く、調理台の下に食器洗浄機やオーブンをはめ込むこともできるのです。

その一方で、間取りに合わせてサイズ調整できないことや、素材やデザインの選択肢が限られるというデメリットも。細部までオリジナルのキッチンにこだわりたい人にとっては、不向きです。

造作キッチンとは?それぞれの特徴
造作キッチンとは、大工・家具職人などの工事を工務店が取りまとめてつくるキッチンのことです。
イチから設計するため、形やサイズの自由度も高く、資材・色・設備器具を自由に選べます。

自分の要望を取り入れるので「システムキッチンと比べて高額になるのでは」と心配でなる人も多いでしょう。しかし、安価なものから高価なものまで幅広く揃っているため、形状をシンプルにして建具の数を抑えることを意識すれば、比較的安く作ることもできます。

しかし造作キッチンの場合、家の設計者がキッチン設計を担うことが多いため、手づくり感が前面に出てしまうことも。システムキッチンやオーダーキッチンのような製品制度を求める人には、おすすめできません。

オーダーメイドキッチンとは?それぞれの特徴
オーダーメイドキッチンとは、オーダーキッチン専門メーカーに依頼して部材を一つずつ選んでつくるキッチンのことです。自由設計に近い感覚で、作業台の高さや素材、色合いなどのデザイン、シンクの位置など機能面すべてに顧客の要望を落とし込めます。

ただし、メーカーがラインナップしているものから選ぶ必要があるので、造作キッチンよりは自由度が低いことも考えられます。海外メーカーのキッチンを採用する場合、4か月ほどかかることも。時間を十分に取って計画することをおすすめします。

各キッチンメーカーの特徴とおすすめのポイント

ここからは、各キッチンメーカーの特徴とおすすめポイントを詳しく紹介します。

TOTO
TOTOのシステムキッチンは、水回りの設備に強いことが特徴です。

特に注目したいのがすべり台シンクと、水ほうき水栓。料理や洗い物をした後は、シンク内が汚れてしまいがち。しかし、「すべり台シンク」は傾斜があるため、水やゴミが自然に排水口の中に流れていくのです。シンクを使う度に掃除することがなくなるでしょう。

また、幅広い形状に広がるシャワー状の水ほうき水栓は、節水しながらも、広い範囲を効率的に洗い流します。洗い物の時間を短縮したい人にぴったりです。

LIXIL
LIXILは、使いやすさとデザインに定評のあるキッチンメーカーです。

品質や価格、デザインそれぞれのバランスが良いのが特徴。「リシェルSI」は、使いやすさを追求した収納が人気のシステムキッチンです。作業中に使いたい道具が最小限の動きで取れるように設計された「らくパッと収納」や作業効率をアップさせる「Wサポートシンク」を搭載。

使いやすく、デザイン性も良いキッチンを探している人におすすめです。

パナソニック
料理のしやすさを追求した機能性の高さが特徴のパナソニックのキッチン。
パナソニックの「ラクシーナ」は、その名の通り料理がラクになるのを助けてくれます。

3口並びのワイドコンロで、鍋やフライパンの大きさも気にせずゆったりと料理することが可能です。手前にスペースもあるので、盛り付けも移動せずに済みます。

料理好きな人におすすめのキッチンです。
クリナップ
クリナップは、特にステンレスキッチンに力を入れたキッチンメーカーです。

内部までステンレスが採用されているため、耐久性があり掃除しやすいという特徴があります。クリナップは、シンクや作業スペースだけでなく、キャビネットの骨組みにもステンレスを使用したステンレスキャビネットを採用。

湿気やカビを寄せ付けないオールステンレスなので、長い期間キレイな状態を保てます。

トラクス
トラクスは、人造大理石にこだわったスタイリッシュなキッチンメーカーです。
トラクスのシステムキッチンの中でも特に注目したいのがオリジナルの人造大理石クラストン。

お手入れも簡単な上質な人造大理石カウンターです。汚れが染みにくい素材なので、布等でサッと拭き取るだけでお手入れできます。熱や衝撃にも強いので、熱いフライパンをうっかり置いてしまっても心配要りません。高級感のあるルックスや滑らかな質感もポイントです。

キッチンメーカーを選ぶときに見るポイント

各キッチンメーカーそれぞれ、特徴は異なります。

キッチンメーカーを決める際には、まず、自分がどんなキッチン機能を求めているかを明確にすることが大切です。料理のしやすさなのか、収納のしやすさか、デザインかを考えて絞っていきましょう。

メーカーを絞った上で、どの商品にするかを決定します。同じメーカーのどの商品にするか、それぞれの特徴や仕様、機能性を調べて予算に合わせたグレードを選んでください。

同じシリーズであっても、レイアウトやサイズによっては価格が大きく変わるので注意しましょう。

キッチンリフォームで失敗しないために

ここで、失敗のないキッチンリフォームするために気を付けたいことを3つ紹介します。

優先順位を明確にする
どんなキッチンにリフォームしたいのかを明確にしましょう。水回りの掃除をもっとラクにしたい、デザインにこだわりたい、収納がたくさん欲しいなど人によって何を重視させるか違います。

欲しい機能やアイテムがある際は、どの機能を優先させるか決めておきましょう。

ショールームを見学する
実際のイメージをつかむために、ショールームを見学するのもおすすめです。

カタログでは、キッチンの大きさや高さ、動きやすさまでは分からないもの。実際に体感することで、理想的なキッチン選びが可能になること間違いありません。

ショールーム見学の際には、自宅のキッチンの寸法やイメージしている写真を持っていくことをおすすめします。

10年先までイメージする
現在の家族構成やライフスタイルだけ見て決定するのではなく、将来を見越してキッチンリフォームしてください。

たとえば、家族が多いときにあると便利な食洗機ですが、子どもが成長して家から出ていった後には、使用しなくなるかもしれません。広さやレイアウトも10年先まで使いやすいか考えると良いでしょう。

まとめ

この記事では、キッチンの種類とそれぞれの特徴をご紹介しました。

キッチンは、システムキッチン・造作キッチン・オーダーメイドキッチンの3種類があります。

安価なものから高価なものまで幅広いので、形状をシンプルにして建具の数を抑えることを意識すれば、比較的安くつくることも可能です。

それぞれのキッチンメーカーの特徴をしっかり押さえて、お気に入りのキッチンを見つけてください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

水のサポート愛媛 0120-670-076

水のサポート愛媛 0120-670-076