水のコラム

シャワーヘッドの交換を検討するべきタイミングは?交換方法やメリットもあわせて紹介!

2022年03月04日  お風呂のメンテナンス


シャワーヘッドにはたくさんの種類があります。多機能のシャワーヘッドに交換したいと考えている人もいるかもしれません。

この記事では、シャワーヘッドの交換方法や交換するメリットを紹介します。最後まで読めばシャワーヘッドの交換に関する悩みは全て解消されますので、ぜひ参考にしてくださいね。

シャワーヘッドを交換するべきタイミング

シャワーヘッドは、どのようなタイミングで交換すればよいのでしょうか。

まず、劣化が見られた時には交換しましょう。水道水には塩素やミネラル分が含まれています。ずっと使用していると、シャワーヘッドの小さい穴に少しずつミネラル分が付着していきます。そして、シャワーヘッドの穴が次第に小さくなってしまうのです。シャワーを使う時にお湯の出が悪くなってしまう恐れもあります。

水垢自体は擦って落とすことも可能ですが、シャワーヘッドの小さな穴を一つひとつ掃除するのはとても大変です。普段あまり掃除していない環境だと、大体5年ほどで交換時期がくるといわれています。

散水穴の汚れや石鹸カスだけでなく、落下による衝撃などが原因でシャワーヘッドの表面が傷ついて、メッキが痛んだり劣化したりする場合もあるのです。シャワーヘッドの表面が劣化したり破損が生じたり、付着物が気になり始めたら交換をおすすめします。

また、他の機種や機能、散水パターンを備えたシャワーヘッドを使用したい時にも交換可能です。好みのシャワーヘッドを使用することで、お風呂時間がもっと楽しくなること間違いありません。

シャワーヘッドの基本的な交換手順

シャワーヘッドを交換する前には、水栓メーカーを確認しておきましょう。

ネジ部分の互換性がメーカーによっては異なることがあります。そのため、使用している水栓のメーカー名をチェックしておくことは重要です。

交換手順は非常にシンプルです。初めにホースとシャワーヘッドの接続部分を回して緩め、シャワーヘッドを取り外します。次にシャワーヘッドとホースのネジ山部分を噛み合わせてください。しっかりと噛み合ったら、そのまま回転させてねじ込んでいきましょう。しっかり締まったら完了となります。初めてシャワーヘッドを交換する人でも、簡単に交換できるでしょう。

浴室水栓で止水の状態にある場合は、水の元栓を締める必要はありません。ただし、ケガする恐れがあるので素手での作業は行わないようにしてください。軍手をしっかり着用して安全に配慮した上で、交換作業することをおすすめします。なかなか外れにくいシャワーヘッドを外す際にも、グリップ性のある手袋をつけると外れやすくなります。

さらに、部品のサイズが合わない時にそのまま作業を続けると、ケガや破損の原因になるかもしれません。何かおかしいと感じた時には、手を止めて確認するようにしてください。

シャワーヘッドを交換するメリット

シャワーヘッドは毎日使うものなので、なるべく質にはこだわりたいですよね。質のよいものに交換するなら、どんなメリットがあるのでしょうか。ここで、シャワーヘッドを交換する3つのメリットを紹介します。

1つ目は、節水ができるというメリットです。節水機能があるシャワーヘッドは、穴を小さくして水圧を高めるなどの工夫を取り入れています。同じようにシャワーを使用している場合でも、長期的に見ると家計に大きく影響してくるでしょう。

2つ目は、動作が楽になるというメリットです。シャワー中に蛇口のハンドルを回す作業は、時に面倒臭いと感じることがあるのではないでしょうか。一時止水機能付きのシャワーヘッドを使用するなら、手元にあるボタンを押すだけでシャワーの水をストップできるので、動作がラクになるだけでなく節水効果にもつながります。

3つ目は、水の勢いがアップするというメリットです。水圧の強いシャワーヘッドは勢いよく水を出し、短時間でしっかり洗い流してくれます。一日の汚れをスッキリさせてくれること間違いありません。

シャワーヘッドを選ぶ上で意識したいポイント

シャワーヘッドを選ぶ上で意識したいポイントを5つ紹介します。

■シャワーヘッドの重さ
使用している時はあまり気に留めないかもしれませんが、重さはとても重要です。シャワーヘッドだけで200〜300gほどの重量があります。その上に水圧がかかってくるため、体感的にはもっと重く感じてしまうことも。

とくにシャワーヘッドを手に持ちながら使用する人や、お年寄りや子どもがいる家庭では、軽いシャワーヘッドを選ぶようにしてください。軽いシャワーヘッドは重いものと比べて100gほどの差があります。

■掃除しやすいか
ずっと使用していくと、シャワーヘッドの内部に少しずつ汚れが溜まっていってしまいます。衛生面によくないのはもちろんのこと、穴に目づまりしてしまうと水の勢いも弱くなってしまうでしょう。

その点、簡単に取り外しができて掃除できるシャワーヘッドであれば、いつでも清潔な状態に保つことができます。

シャワー板の分解以外にも、持ち手やアタッチメント部分まで外して分解できるシャワーヘッドもあります。また、抗菌性のあるシャワーヘッドや、菌やサビを防ぐ効果のあるセラミックボール、ゴミや不純物を取り除くフィルタを使用したものを導入することで、清潔さを保つこともできます。

■水圧
水圧はシャワーの使用感に大きく関わってきます。水流の勢いがないと、汚れや洗剤を落とすのに時間がかかります。また、シャワーを浴びた時の爽快感を得ることもできません。サッパリとした使い心地を求めている方には、水圧の高いシャワーヘッドはおすすめです。

シャワー板の穴を細くしたり減らしたりすると、シャワーの水圧が高くなって水の勢いを強くできます。水の細かい粒が皮膚の奥まで浸透するので、汚れを洗い流してくれる効果も期待できるでしょう。さらに汚れを落とすための時間が短くなるため、水道代やガス代の節約にもつながります。

■水流切り替え機能の有無
水流の切り替え機能があると、好みや気分によって水の切り替えができます。シャワーヘッドのタイプによっては、肌が弱っているときはミスト水流にしたり、すっきりしたい時・目覚めたい時はジェット水流にしたりすることも可能ですよ。

通常の水の出し方の他にも、炭酸機能やマイクロバブル機能などの付加機能がついているシャワーヘッドもあります。これらには血行促進効果や美容効果などが期待できます。

■浄水機能の有無
水道水には、安全のために消毒用の塩素が含まれています。衛生的には欠かせない処置ですが、塩素が原因で髪のキューティクルにダメージを与えたり、肌のかゆみ、枝毛やふけの原因になったりすることも。塩素を除去して浄水してくれる浄水機能があるシャワーヘッドなら、肌が弱い人や子どもがいる家庭でも安心して使用できます。

シャワーヘッドにはさまざまな性能や機能があります。自分が使用する際に「どのような性能・機能があったらよいか」をよく考えて決定しましょう。

まとめ

劣化が見られた際や他の機能のシャワーヘッドを使用したいと思ったときにはシャワーヘッドを交換できます。交換する際には、安全のために軍手やゴム手袋を装着して作業してください。

シャワーヘッドを交換すると、節水効果や動作が楽になるというメリットがありますよ。

シャワーヘッドにはたくさんの性能や機能があります。自分が取り入れたい機能のシャワーヘッドをチョイスして、お風呂時間をもっと充実させてくださいね。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

水のサポート愛媛 0120-670-076

水のサポート愛媛 0120-670-076