水のコラム

シンクの破損はどう対処すればいい?自分で対応できる?

2021年09月10日  お風呂のトラブル

生物や刃物など、シンクにはさまざまなものが触れます。
そのため、使い方が悪いと破損することもあり得るのです。
本記事では、シンクが破損する原因や対処法をご紹介します。

どうしてシンクが破損するの?

シンクが破損する原因は四つあります。
気を付けていれば防げるものもあるので、意識してシンクを大切に扱いましょう。

・経年劣化
使っている期間が長いと、シンクは徐々に経年劣化していきます。
最近のシンクにはステンレスが使われているため、耐久性は非常に高くサビにくいです。

また、ステンレスは自分で酸化被膜を作り出すため、小さな傷なら内部から腐食されることもありません。
しかし、時間がたつと徐々に被膜が作られにくくなり、小さな傷からサビが発生し、徐々に悪化していきます。
サビの悪化がすすむと脆くなったり、穴があいたりします。
 
 
・ものを落とした
シンクでは包丁のような鋭利な物や、まな板のような重いものを扱います。
これらを勢いよく落としてしまうと、シンクは傷つき、場合によっては穴があきます。
特に子どもはシンクを雑に扱うことも多いため、食器を運ぶ際には優しく取り扱うように教えておきましょう。

また、シンクの上に水切りがあるキッチンも多いですが、この水切りから物が落ちてシンクを傷つける可能性もあります。
できるだけ水切りの上に食器を溜めず、不安定な置き方をしないように気を付けましょう。
 
 
・定期的に掃除しない
シンクは常に水分にさらされているため、こまめに掃除をしないとサビやカビが発生します。
シンクだけでなく排水口も含めてキッチンの周りは常に清潔に保ちましょう。

また、食べ残しをシンク内に長時間放置するのも厳禁です。
特に塩分が多い食べ残しを放置するとステンレスが傷つきやすいです。
洗剤もステンレスに付いたまま放置するのはよくありません。
特に塩素系洗剤や漂白剤はサビの原因になりやすいため、できるだけ使用しないよう心がけましょう。
 
 
・熱湯をかける
消毒のために使用後のシンクに熱湯をかける方は多いですが、熱湯をかけるとシンクは傷みます。
熱湯をかけたときに音が鳴ることもありますが、これは熱湯によってステンレスが変形しているためです。

また、排水パイプや排水口のパーツは塩化ビニール樹脂が使われているため、熱湯を流すと破損する可能性があります。
シンクを除菌するなら、シンク用の洗剤を使って適切なお手入れをしましょう。
カップラーメンのような熱い液体を捨てる場合は、必ず水を一緒に流し、シンクや排水パイプの負担にならないようにしましょう。

シンクの破損によって発生するトラブル

シンクが破損したときに発生するトラブルは水漏れです。
シンクの下を収納として使っていれば、収納物が水に濡れて傷んでしまいます。

収納物がなくても、シンク下は湿度が高くなりやすいため、内部が腐る可能性もあります。
シンクの穴を放置しておくと、キッチン全体へ悪影響が広がっていくため、できるだけ早く対処しましょう。

シンクが破損したときは自分で対処できる?

シンクにあいた穴が大きくないなら、自分で対処できます。
補修用パテと紙やすりを購入しましょう。
補修用パテにはさまざまな種類があるため、必ず水回り用のものを選んでください。
補修パテはシンクの下側から付けます。

最初に水分をよく拭き取り、穴が開いている部分の周りを紙やすりで軽くこすります。
紙やすりで接地面を荒くしておくことで接着力を上げられます。

次に補修パテを必要な分切り取り、手でこねます。
しっかり混ざったら穴に補修パテをつけ、しっかりくっつけます。
穴が埋まったら乾燥させてください。
乾燥させる時間は製品によって違うので、説明書を確認しましょう。

乾かしたら、水を流してみて水漏れしないかチェックします。
見た目をよくしたいなら、ステンレス調のスプレーで塗装するのがおすすめです。

シンクが破損したときは交換するのがおすすめ

パテを使った補修は手軽にできて、費用もかかりません。
しかし、あくまでも簡易的な処置なため、そのまま使うのはおすすめできません。
時間がたつと水漏れが再発する可能性もあります。
また、他の部分もダメージが蓄積していて、すぐに別の穴があくこともあるため、シンクを交換するのがおすすめです。

・シンクのみを交換
シンクがキッチンから分離できる場合は、シンクの部分だけを交換できます。
サイズさえ合えば費用を抑えられるのがメリットです。
 
 
・キッチンすべてを交換
オーダーメイドで作成している場合や、型の古いキッチンを使用している場合はシンクだけの交換は難しいです。
そういった場合はキッチンすべての交換になります。
すべてが新品になるため、使用期間が長いキッチンもきれいになるのがメリットです。

しかし、費用が高く、システムキッチンなら100万円以上必要になる可能性が高いです。

シンクの異常は業者に相談しましょう

シンクの汚れや破損は、業者に相談するのがおすすめです。
水のサポート愛媛は松山市や四国中央市、西条市、新居浜市、伊予市、南宇和郡などの愛媛県内で水回りのトラブルを解決しています。

水道局指定の水道修理業者ですので、詰まりの解消や水漏れの修理のほか、給水管の交換等まで幅広い作業が可能です。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

水のサポート愛媛 0120-670-076

水のサポート愛媛 0120-670-076