水のコラム

異物をトイレに落としてしまったら?

2021年08月08日  トイレのトラブル

トイレにものを落としてしまった!
取るべきか、あるいは水を流すべきか?
トイレという、自分以外誰もいない空間の中でのこのトラブル、あなたならどう対処しますか?

今回は、トイレに異物を落としたとき、やってもいいこと、ダメなことをまとめてみました。

トイレットペーパー、排泄物、水以外は異物です!

みなさんは、誤ってトイレにものを落としたことがありますか?
よくあるのは、スボンのポケットに入れていたものや、身につけていたものが、かがんだり脱いだりした拍子に落ちてしまう、というパターンです。
スマホ、ペン、メガネ、アクセサリーなどが多いのではないでしょうか?

他には、子どもが手に持っていたおもちゃを落としてしまう、などもあるでしょう。
今挙げたものは、全て異物(固形物)と呼ばれるものです。

トイレって、他の水回りと違い、排泄物のようなある程度の塊でも流れるのだから、何でも流せるのではないか、と思いがちですが、そんなことはありません。

トイレに流して大丈夫なものは、トイレットペーパー、排泄物、水だけです。
それ以外のものは異物であり、流すことによってトイレを詰まらせてしまう可能性があります。

例えばペットの糞も、厳密に言えば排泄物ではありません。
ペットの糞は、人間の排泄物と異なり水に溶けにくく、また毛などが多く含まれていることが多いので、トイレを詰まらせる原因になるのです。
ですから、トイレに異物を落とした、流した場合には、きちんとした対処が必要なのです。

トイレに異物を落としたとき、していいこと、悪いこと

トイレに異物を落としたときに、みなさんが取りがちな行動の是非をいくつか挙げておきます。

・素早く取り出す
これは正解です。

トイレに異物を落としたら、真っ先にするべきことは「落としたものを取り出す」です。
異物は水には溶けないものであり、長時間水の中にあっても、小さく分解されることはありません。
スマホなどの電子機器は、水が大敵ですので、落とした直後に拾うことができれば、壊れずに済むかも知れません。

・水で流そうとする
これは不正解です。

もし落としたものが、ペンやハンドタオルのような、他に替えがあり、無くしてもそんなに問題ではないものの場合、便器に手を入れて取り出すよりも流してしまった方がいいかな、と思う人がいるかも知れません。
しかし、それは絶対にしてはいけないことです。

水を流すことによって、異物はより奥に流れてしまい、ますます取り出しにくくなりますし、固いものならば、狭い排水路を流れる際に側面を傷つけてしまうかも知れません。

また、異物が完全に排水路を塞いでしまったら、流した水が逆流して便器から水が溢れるといったような大惨事を引き起こしてしまいます。

水を流す=事態を悪化させる、そう思っておきましょう。

・ラバーカップを使う
これも不正解です。
ラバーカップは、トイレの詰まりを直すための道具で、トイレの他、洗面所やキッチンなど多くの水回りで使うことができます。
ラバー部分を排水口に押し込み、勢いよく引っ張ることで、水圧の力で詰まりを取り除きます。

トイレットペーパーなど、水に溶けるものなら、ラバーカップを使うのは正しい方法です。
しかし、水に溶けない異物の場合、手前に引き寄せることができる可能性よりも、逆に排水路の奥に押し込めてしまう可能性の方が高いのです。

また無理やり排水路の中の異物を動かすことで、便器に傷がついてしまうかも知れません。
そうなると、便器の交換などという大事にもなりかねないので、あまりおすすめできません。

・針金ハンガーを使う
これも残念ながら不正解です。
針金ハンガーは、棒状にして排水路に押し込み、奥の詰まりを突き崩すことで、詰まりを解消する方法です。

大量のトイレットペーパーや生理用品、おむつなど、比較的柔らかく、ひっかけて取り出せるものならこの方法は有効なのですが、異物の場合は結局より奥に移動するだけで、取り出すことは難しいので、するべきではありません。

トイレから異物を取り出す方法

ここではトイレから落としたものを取り出す方法について説明していきます。

・手を使う
もし落としたものが排水口から確認できる場合は、この方法が最も早く、確実です。
ゴム手袋やビニールの手袋があればそれをはめて、もしなければビニール袋を手にかぶせて濡れないようにして、排水口に手を入れて異物を取り出して下さい。

異物が見えていなくても、排水口に近いところにある可能性もあるので、排水口の奥に手を伸ばして探ってみて下さい。
手袋やビニール袋は、奥まで手を伸ばせるように長めのものを用意し、ビニールが薄いなら二重、三重にして下さい。

・マジックハンドを使う
意外に使えるのが、マジックハンドです。
取手のハンドルを握ると、先についているアームが閉じたり開いたりすることで、ものを掴むことができる道具です。
子どもの遊び道具として100均などでも売られていますので、費用もかかりません。

上手く掴むためには、少し練習が必要かも知れませんが、手を便器につっこむ必要もありませんので、衛生的にも安心です。
使用後はきれいに洗って乾かせば、何度でも使えます。

排水管洗浄を依頼するなら

今回は、トイレに異物を落としたとき、やっていいこと、悪いことなどについて説明しました。
異物が排水路の奥まで入り込んでしまうと、残念ながら自力で取り出すのは難しくなります。
そんな時は、ぜひ水のサポート愛媛にご連絡を!

今治市、西条市、四国中央市、大洲市、西予市、伊予市など、愛媛県全域がサポートの対象区域です。
サポート地域なら、電話から1時間以内に駆けつけます。
各種カードでの支払いOK、お見積もりは無料です。
あなたからのお電話をお待ちしております。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

水のサポート愛媛 0120-670-076

水のサポート愛媛 0120-670-076