水のコラム

キッチンから水漏れしたらどう対処すれば良い?原因から応急処置まで徹底解説!

2021年08月06日  キッチンのトラブル

キッチンの水漏れで考えられる原因

気がついたらキッチンの床が濡れていたり、蛇口を締めてもポタポタと垂れてきてしまったりなど、キッチンの水漏れは生活においてとても困るトラブルの一つです。水漏れが生じる原因としては、主にゴムパッキンなどの部品の劣化や、ナットの緩み、排水管の劣化などから引き起こされます。

特に蛇口の場合は、設置から10年以上経過すると、吐水口からだけでなく内部の接合部分からも漏水しているパターンが多くあるので部品の交換が必要です。今回はキッチンの水漏れについて、その原因から正しい対処法をそれぞれ詳しくご説明いたします。

漏水箇所を特定する

キッチンの漏水で考えられるのは、主に蛇口かシンク、シンク下のどれかになります。上記で説明したように、吐水口から水が垂れてきてしまう場合の漏水は蛇口が原因となっている箇所です。シンク全体からじわじわと水が出てきて、シンクと排水路とのつなぎ目から水が出てくる場合は、シンク自体とその周辺が劣化しています。

蛇口でもシンクでもなく、床やパイプのあたりが水漏れしている場合は、シンク下のどこかが脆くなって水漏れしてしまっている可能性が高いです。まずはキッチンのあたりをきれいにして、どこから水が垂れてきているのかをしっかり確認し、下記の正しい応急処置を施しましょう。

各箇所の応急処置について

・蛇口から漏水している場合
蛇口からポタポタと水が漏れてきている場合は、内部の部品の交換が必要となります。水とお湯の両方が出るタイプの蛇口は、主にナットの緩みが原因である場合が多く、ナットを締め直すのが効果的です。

反対にシングルレバーの混合水栓式タイプは、内部のパッキンやバルブカートリッジの劣化が原因と考えられます。バルブカートリッジとは、シングルレバー内部にある水量や温度を調節する部品です。パッキンやこのバルブカートリッジを交換すると、ほとんどの蛇口の水漏れが直ります。止水栓をしっかりと閉め、工具を使って部品を交換しましょう。

・シンクから漏水している場合
シンクの水漏れにおいては、排水口とのつなぎ目であるパッキンが劣化していることが原因である場合が多いです。パッキンが劣化してしまうと固まって形が変形し、排水口との間に隙間が生じ、水が溢れてきてしまう現象が起きます。この場合は、ホームセンターやネット通販で新しいゴムパッキンを購入し、付け替えることで水漏れを解消できます。

交換をする際は、必ずゴム手袋を装着してから作業を行ってください。まずシンク下の排水トラップ(水を溜めている部分)とシンクをつないでいるナットを手で回して緩め、排水トラップを上に持ち上げます。古くなったパッキンを新しい物に付け替えて下の状態に戻し、水漏れが見られなくなったら完成です。

・排水管、排水パイプのつなぎ目から漏水している場合
シンク下の排水管などからの漏水は、主にナットの緩みやパッキンの劣化が原因である場合が多いです。もし水が溢れかえってしまっている場合は、ナットを締め直す作業で抑えることもできますが、業者に任せたほうが良い状態と言えるでしょう。

ナット自体も年数が経つにつれて老朽化してしまい、サビて動かなくなり、脆くなって壊れやすくなっている可能性があります。潤滑オイルなどを用いてもナットが動かなくなり、破損する恐れが見られる場合は、布で覆うなどの応急処置をして、あとは業者に任せてしまうことをおすすめします。

・排水ホースのあたりから漏水している場合
排水ホースが定位置からズレて、ビニールの老朽化によって破けてしまっていると、床に近い部分に水漏れが生じてしまうことがあります。この場合の水漏れは、常にホースが傷つかないように応急処置を行うことを心がけましょう。

ホースがズレて水漏れが起きている際は、所定の位置に戻すだけでほとんどの場合は漏れなくなります。ホース自体が劣化して破損した所から水漏れが起きている際は、専用の補強テープを用いて一時的な応急処置となる止水をしましょう。

放っておくと不衛生なキッチンに

水漏れ箇所の劣化や破損など、完全な修復作業が必要となる場合は応急処置だけでは根本的な解決にはならないことがほとんどです。不完全な状態でそのまま放っておいてしまうと、異臭やサビ、バクテリアの発生の原因へとつながっていってしまいます。

キッチンの清潔度は、人体に大きく影響を及ぼすため、水漏れを放っておいてしまうととても危険です。毎日使う場所であるからこそ、正しい修復を施すことで被害を防ぎ、常に衛生的に保つことを心がけましょう。

水回りのトラブルは安心の水のサポート愛媛にお任せ!

今回の記事でご紹介した方法は、あくまで応急処置になります。漏水箇所の状態がうまく把握できず、正しいやりかたが分からない場合は、無闇に操作してしまうとかえって悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。どう対処していいのか分からない場合は、業者に連絡して任せることをおすすめします。

水のサポート愛媛では24時間365日受け付け体制を構築しておりますので、急な水トラブルへの対応が可能です。松山市、今治市、西条市、大洲市、八幡浜市など、愛媛県全域の水トラブルへのサポートを承っておりますので、何か困ったことがあればいつでもご相談ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

水のサポート愛媛 0120-670-076

水のサポート愛媛 0120-670-076