水のコラム

トイレつまりの対処法と業者に頼むタイミングとは?

2021年08月06日  トイレのトラブル

トイレのつまりに対してどうしたら良いのか、その方法はつまりの要因によっても変わります。それぞれの原因に合った対処法を知って、急なトラブルにも焦らず対応できるようにしておきましょう。今回は、トイレつまりの対処の仕方、業者に依頼するタイミングや費用についてご紹介します。

トイレがつまったときに現れるサインとは?

トイレがつまったサインが出たら早急に対処することが大切です。放っておくとトイレがつまってしまい、自分の力ではどうしようもなくなる可能性もあります。

・水を流したあと水位が一時的に高くなったあと下がっていく
「水を流した直後は水位が一時的に高くなり、時間が経つと徐々に水位が下がっていく」のは、つまりのサインの一つです。このような症状が見られるときは、排水管などにつまったものが、水の流れを妨げていると考えられます。完全につまっているわけではないため、放置されてしまいがちな症状ですが、放っておくとさらなるトラブルにもつながりかねません。いつもと違うと感じたときは、早めに処置をしましょう。

・流れる水の量が少ない
水の勢いが弱く流れる量が少ないときは、タンク内の部品の破損など、タンク側の問題が疑われます。放っておくと、排水管の途中でものがつまってしまう要因にもなります。水流が少ないと感じたときは、タンク内の調整をしてみるようにしましょう。

・ゴポゴポとおかしな音がする
水を流したとき、「ゴポゴポゴポ」とおかしな音がする場合は、便器のどこかにつまっているものがあり、水流を妨げていると考えられます。このとき、どこから音がするかにも注目しておきましょう。便器の中から音がする場合には、便器の中にものがつまっている可能性があり、さらに床の方からポタポタと音がするときは、排水管に問題が生じている場合があります。

また、タンクから異音がするというとき、水路に何かしらの異変が生じていることが考えられます。どの場所からどんな異音がするかを聞いて、それぞれに合った処置をしましょう。

トイレがつまってしまう原因とは?

トイレのつまりは、大きく分けて4つの原因が考えられます。

・便や流した紙が原因のつまり
まず、流した紙や排泄物がつまる場合です。便器の排水路に流したものが引っ掛かることでつまりが発生しますが、この場合は自分でもつまりを解消することが可能です。しかし、排水管に問題がある場合は、業者による修理が必要になります。

・おむつやペット砂が原因で起こるつまり
次に考えられるのは、おむつやペット砂など、水を吸って膨らむ素材がつまってしまうパターンです。おむつやペット砂など、水を吸って膨らむ素材をトイレに流してしまうと、膨らんだ素材が排水路・排水管を圧迫し、つまりを引き起こします。ラバーカップなどでつまりを取ろうとすると、おむつが破けてさらに状況が悪化する場合も考えられますので、業者を呼ぶようにしましょう。

・子どものおもちゃや歯ブラシなどが原因のつまり
3つ目は、プラスチックのおもちゃなどがつまってしまうというパターンです。固形物自体が排水管や排水路にピッタリとはまってしまう場合と、排泄物やトイレットペーパーが引っ掛かることでつまりが生じる場合があります。また、小さなものは、排水桝や下水道まで流れていってしまうこともあります。

・水流の弱さが原因のつまり
4つ目は、水流が弱くてトイレがつまってしまうパターンです。トイレのタンクには、便などを流すのに丁度良い量の水が溜まる仕組みになってします。地震や部品の故障などでタンクに溜まる水の量が減ってしまうと、しっかりと流せずつまりの原因となります。

自分でできるトイレつまりの対処方法とは?

こちらでは、つまりを解消するアイテムや薬剤を使うトイレつまりの解消方法についていくつか紹介します。

・ラバーカップでつまりを除去する
ラバーカップは、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどがつまったときに使用するのがおすすめです。固形物がつまってしまったときに使うと、自力で取り除けない奥の方へ移動してしまうので、注意しましょう。

・真空式パイプクリーナーを使用する
ラバーカップよりも強い圧をかけて、簡単につまりを取りたいなら真空式パイプクリーナーを使用するのがおすすめです。2,000円〜3,000円程度で購入ができ、ラバーカップよりは高価ですが、持っておけばトイレだけでなくお風呂や台所の排水口のつまりなど、あらゆる水回りのつまりに使用できます。

・薬品で溶かす
トイレつまりにも使用することのできる薬剤は2通りあります。まずは、原因が尿石の場合に使える酸性の溶剤です。尿石とは、尿路結石のことではなく、尿の成分が凝縮して固まったもののことを指します。尿石は、アルカリ性の性質を持つため、酸性の薬剤が効果的です。尿石除去に使える薬剤は種類も豊富にありますが、塩素系の薬剤と混ぜないようにするなど、取り扱いには注意するようにしましょう。

もう一つは、トイレットペーパーや便などのつまりに有効な重曹です。重曹にお酢やクエン酸などを混ぜることで炭酸ガスが発生し、つまりを分解して流せます。

業者に依頼するタイミングと費用

・業者に依頼するタイミングは?
1日経ってもつまりを改善させるのが難しい場合は、業者への依頼を検討しましょう。放っておくことで悪化し、さらに修理の費用がかさんでしまう場合もあります。つまりが発生したとき、水が流れず、水位も変わらないという場合は深刻なので、業者に相談しましょう。また、なぜつまっているのかわからない場合も自力でなんとかしようとするのは危険なので、こちらも業者に依頼しましょう。

・業者に依頼する際の費用の相場
修理内容によってもさまざまですが、軽度であれば8,000円程度のものから、便器の着脱が必要な修理であれば数万円かかる場合もあります。電話やインターネットでは安い見積もりだったのに、来てから上乗せされて高額請求される業者もいますので、事前にしっかりと話を聞くようにしましょう。余裕があるのであれば複数の業者に見積もりしてもらって選ぶのがおすすめです。

トイレのつまりには水のサポート愛媛へご相談ください!

トイレがつまって困ってしまったときには、ぜひ水のサポート愛媛へお電話ください。水のサポート愛媛は、松山市をはじめ、今治市や新居浜市、宇和島市、大洲市など、愛媛全域でトイレのつまりなど水回りのトラブルに対応しています。作業前にお見積もりやご案内をきちんと行い、修理後のアフターフォローも万全です。水漏れやトイレのつまりなど、水回りでお困りの際はお気軽にご連絡ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

水のサポート愛媛 0120-670-076

水のサポート愛媛 0120-670-076