電話して相談する

水のコラム

給湯器からポタポタ水漏れ!原因は何?

2021年07月12日  給湯器のトラブル

急に水道料金が上がったが室内に水漏れの兆候はなく、お風呂に張ったお湯の量が減ってしまったり、お湯の温度が安定しないなどの現象が起きたりしている場合、給湯器から水漏れしている可能性があります。給湯器の水漏れは少しだからと放置していると、危険です。ポタポタという少量の水漏れでも24時間続けば水道料金はかなり高騰し、1ヶ月あたり数万円になってしまったというケースも存在します。マンションやアパートなどの集合住宅の場合、階下へ水漏れしてしまう可能性がいなめません。

また、水漏れによりガス給湯器内で不完全燃焼が起こると、毒性の強い一酸化炭素を発生させます。一酸化炭素を吸い続けると中毒症状によるめまいや頭痛、吐き気などの症状が起き、重症化すると意識を失い、命を落とすこともあるため非常に危険です。それでは、給湯器の水漏れの原因と、水漏れした場合の対処法をご紹介しましょう。

給湯器が水漏れする原因

1.経年劣化
給湯器を一般的な使用方法で使っていた場合の耐用年数は10~15年とされています。給湯器は毎日使用するため劣化が早く、つなぎ目に使用するパッキンなどのゴム製品が固くなってひび割れが発生しやすいです。

部品の交換により修理可能な場合もありますが、10年以上使用している場合、メーカーの修理部品の保管期間を過ぎてしまい、パーツの取り寄せが不可能なことも多いです。また、他の箇所にも劣化による不具合が起きている可能性があるため、給湯器全体の交換のタイミングと考えてもよいでしょう。

2.配管の凍結
雪の多い地域で起こると思われている凍結ですが、実は愛媛県など比較的温暖な地域で起こりやすくなっています。なぜなら、積雪の多い地域では、普段から凍結の対策がなされているからです。凍結は、外気温が0℃以下に冷え込み、給湯器に動きがない深夜や早朝に起こりやすくなっています。

凍結してしまった場合、気温が上昇して、自然解凍されるのを待つのが一般的な対応です。間違っても熱湯を給湯器にかけて解凍を急ぐようなことはしないでください。急激な温度変化を受けて配管が破損する危険がありますので、注意しましょう。

急いでいる場合は給湯器のリモコンを切り、蛇口をお湯側に少しひねってお湯が出る状態にしてから、給湯器のガス栓を閉め、給水元栓を開けてください。給水元栓が凍ってしまって回らない場合は、タオルを栓のまわりに巻いて、タオルに40℃前後のぬるま湯ゆっくりとかけて間接的に元栓を温めてください。ぬるま湯が配管についたままにしておくと凍結のリスクが上がるので、作業の後は必ず乾いた布で水滴を拭き取るようにしましょう。

3.給湯器を取り付け工事の施工不良
給湯器を取り付けて間もない新築やリフォーム時の水漏れは、給湯器の配管工事をする際に、粗雑な作業で設置に不備があったために起こっている可能性が高いです。本来取り付けられるべき減圧弁がついておらず、熱交換器が変形・破裂してしまったり、給湯器のボイラーの囲み方が悪く不完全燃焼が起きてしまったりと、さまざまなケースがあります。このような場合、特別な事情がない限り責任はメーカーでなく施工業者にあります。普通の業者であれば無償で対応してくれますから、給湯器を設置して間もない水漏れの場合は、工事を行った業者に連絡しましょう。

4.水抜き栓からの水漏れ
給湯器の下部にある水抜き栓からの水漏れもよく起きますが、心配する必要はありません。給湯器内の圧力が上がるのは凍結を防ぐ目的で、すべての給湯器に水抜き栓はつけられています。また、点検の際に意図的に配管の中の水を抜く際もこちらを利用します。

旅行などで長期間使用せずに圧力が上がっているときは、減圧のために一時的に水が落ちていることもありますが、時間が経てば収まりますので様子を見てください。もし数時間経っても水漏れが続くようなら、ほかに原因がある可能性も考えられます。

給湯器の水漏れに気が付いたら

水漏れを発見したら、水漏れの箇所に関わらず、まずは給湯器の使用を止めて、止水栓を閉めましょう。とくに給湯器内部での水漏れは、先述したガスの不完全燃焼を起こす危険があるので、水道修理業者などに連絡する前に必ず水を止めてください。

給湯器につながっている給水管の接続部分からの水漏れの場合は、応急処置として水漏れ補修用のテープを使用することも可能です。ただし、高温になると溶けて新たなトラブルの原因になりかねませんので、長期間の使用はしないようにしましょう。給湯器は非常にデリケートで、個人での交換や補修作業はあまりおすすめできません。止水栓を閉めたらなるべく早く水道修理業者に連絡をしてください。

給湯器から水漏れが起きたら水のサポート愛媛へお電話ください

水のサポート愛媛では、松山市のほか、四国中央市、宇和島市、大洲市など、愛媛県全域でキッチンをはじめとし水まわりのトラブルの解消に尽力しています。お客さまからのお電話一本でスタッフが現場に駆けつけ、原因に応じて適切に対応いたします。水漏れや詰まりなどでお困りであれば、ぜひお気軽にご連絡ください。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

水のサポート愛媛 0120-670-076

水のサポート愛媛 0120-670-076