電話して相談する

水のコラム

トイレのつまりに取るべき行動、取ってはいけない行動

2021年06月18日  トイレのトラブル


もしもトイレがつまってしまったら、皆さんはどんな行動を取りますか?業者に連絡することや、自力で解決することなど、色んな方法を考えると思いますが、絶対にやってはいけないこともあるんです。今回は、その点を中心に解説していきます。

トイレの「つまり」はこんな症状から始まります

トイレのつまりは、何の前触れもなく、ある日突然起こる場合とそうでない場合があります。前者は、スマホやアクセサリー、子どものおもちゃなど、不注意でトイレに固形物を落としてしまった場合、後者はトイレットペーパーや排泄物、流せるテッシュペーパーなど、問題ないものしか流していない場合です。後者の場合は、排水路の途中に流しきれなかったトイレットペーパーなどが徐々に蓄積していくことで起こります。ですので、こんな症状があれば、トイレがつまり始めていると思って下さい。

・水位が増え、なかなか元に戻らない。
水を流した後、通常ならすぐに元の位置に戻るはずの排水口の水位が、なかなか元に戻らないことがあります。これは、排水路の水の流れが悪くなっている証拠です。時間が経つと元の水位に戻るため、見逃してしまいがちです。

・異音がする。
水を流すと、いつもの水流の音とは別に、ゴボゴボッなど、今までとは違う音が混じり出したときも要注意です。

つまりを放っておくと、最終的にどんなことが起こる?

トイレが完全につまったら、誰もがすぐに行動を起こしますが、ゆっくりとはいえ水が流れ、トイレが使える状態だった場合、緊急性がないために後回し(気のせい)にする人も多いかと思います。しかし、そのまま放置しても、つまりが自然に解消することは絶対にありません。いつかこんなことが起こってしまいます。

・電気系統の故障
つまりが本格的に起こり、水が便器からあふれ出した場合、それがもし温水洗浄便座だったら、電気系統に水が入り、故障の原因になります。感電する、火災が発生する恐れも十分あります。

・自力での修理が不可
つまりは放置時間が長ければ長いほど強固になっていきます。そしてそうなると、自分で修理することができなくなります。何事も迅速に!はトイレのつまりに関してもセオリーなのです。

・下水が逆流
全ての水回りで使われた水が、最終的に行きつく場所が下水道です。下水の臭いは、強烈なドブ臭さを想像すればいいでしょう。もちろん衛生的にも問題だらけの下水が、つまりによって逆流してくる可能性があります。そんなものが便器から溢れてきたら、しばらくトイレを使いたくありませんよね。

・階下へ水漏れ
アパートなど集合住宅にお住まいの人にとって、トイレのつまりが引き起こす最悪の事態は、溢れた水が階下の部屋にまで浸水してしまうことです。そうなると修理の費用も莫大になってしまいます。

トイレのつまりに、取るべき行動

トイレがつまってしまったら、業者に修理を依頼する前にまず自力で対処しようとしますよね。ちょっとネットで調べれば、対処方法が山ほどヒットしてきます。その中で、どの方法を選ぶべきか?ここでは、トイレのつまりを解消するのに適した方法を挙げていきます。

・ラバーカップを使う
トイレのつまりを解消する最も有効な方法の1つが、ラバーカップを使う方法です。まず、トイレの水位が上がっている場合は、排水口に押し付けたラバー部分がかぶる程度の水位にするために、水をバケツなどで汲み出します。

次に水撥ねを防ぐために、ゴミ袋の中央に穴を開け、ラバーカップの柄を通します。そして便器の排水口にラバーをゆっくりと押し込み、限界まで押し込んだら一気に引き抜きます。こうすることで、つまったものを手前に引き出してくれるのです。ラバーカップは、和式用、洋式用、洗浄便座用など、排水口の種類や大きさに合わせたものを使うと、より効果的です。

・真空パイプクリーナー
真空パイプクリーナーもおすすめです。原理はラバーカップと同様、水圧の力でつまりを吸引します。使い方は、すき間ができないように、クリーナーのラバー部分を排水口に押し付けて塞ぎます。クリーナーのレバーを何度か上下に動かし、その後本体を引き抜きます。

ただし、どちらの方法も、つまっているものがトイレットペーパーなど水に溶けるものだと分かっている場合のみ使用して下さい。プラスチックや金属など、固形物が原因の場合は、吸引することで排水路を傷つけてしまうことがあるので、手が届かなければ業者に連絡するのが正しい方法です。

トイレのつまりに、取ってはいけない行動

ここまでで、正しいつまりの解消方法を説明してきました。ここからは、トイレのつまりに決してやってはいけない、間違った対処方法について説明します。

・熱湯を流す
便器は陶器でできています。コップに熱湯を入れると割れることがあるように、つまったものを早く溶かそうとして熱湯を流すと、便器も破損することがあります。そうなると便器ごと交換となり、費用が跳ね上がってしまうので、お湯の温度は~60度までにして下さい。

・便器を外す
便器の設置や取り外しは、基本的にプロしかできないと思って下さい。万が一取り外すことができても、戻す際に便器が破損したり、水漏れを起こしたりします。

・キッチン用排水管洗浄剤を使う
「パイプユニッシュ」などキッチン用排水管洗浄剤を、キッチンや洗面所の排水管のお掃除に使われている方は多いと思います。しかしキッチン用排水管洗浄剤ではトイレのつまりを解消できません。つまりの原因が違うからです。キッチン用の中性洗剤(食器を洗う洗剤)の方がまだ有効です。もし薬品を使う場合は、トイレ用のものを使いましょう。そして使用する場合は、説明を読み、換気を行いながら正しく使って下さいね。

・何度も水を流す
つまりを取り除こうと何度も水を流すと、せき止められた水が便器から溢れてしまいます。

それでもトイレのつまりが解消しない場合は?

上の方法を試しても、トイレの状態によってはつまりが解消できない場合もあります。そんな時は、悩む前にぜひ水のサポート愛媛にお電話下さい。今治市、新居浜市、西条市、四国中央市、南宇和郡を始め、愛媛県全域で水のトラブルサポートを行っている当社では、蓄積されたトラブル解決事例を元に、トイレのつまりをスッキリ解消します。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

水のサポート愛媛 0120-670-076

水のサポート愛媛 0120-670-076