電話して相談する

水のコラム

床の水漏れは二次被害の方が甚大!

2021年06月08日  水漏れトラブル

キッチンの床が、思い当たる理由がないのに湿っている。そんな場合、「気のせいかな?湿っているくらいだからいいかな?」とそのままにしてしまう方も多いでしょう。しかし、この考えはとても危険です。なぜなら床の水漏れは、放置することによって起こる二次被害の方が甚大だからです。ここではキッチンの水漏れの原因や二次被害について解説します。

キッチンの水漏れ原因と応急処置

キッチンで水漏れが起こる場合、主な原因として次の3つが考えられます。

・蛇口周りから
吐水口や水を出すために回すハンドルなど、蛇口周りにはパッキンというゴム製の部品やナットという給水管同士を繋ぐ、ねじ状の部品が使われています。これらは経年劣化により固くなってひび割れてしまい、そのせいで水が漏れることがあります。

蛇口のハンドルを回して水を止めようとしても止まらなかったり、接続部からじわじわと水が染み出していたりと症状はさまざまですが、蛇口回りの水漏れは、キッチンの給水の大元である止水栓を閉めることで、とりあえず水漏れを止めることができます。止水栓は大抵シンク下の収納部分にあります。

・排水管から
キッチンの排水管はシンク下の収納棚内部にあるのですが、ここから水漏れが起こる原因は、排水口とシンクのつなぎ目、排水管と下水管のつなぎ目など、接続部のパッキンが経年劣化によって破損や腐食を起こしてしまう場合や、排水管自体が破損によってひびが入ってしまう場合、そして排水管がゴミなどで詰まりを起こし、水が逆流してしまう場合などがあります。

排水管から漏れる水は下水なので、ゴミが混ざっている・悪臭がするなど、蛇口からの水漏れよりも被害が大きくなります。原因が排水管と分かったら、まずキッチンの使用を中止し、排水管のどこから水漏れが起こっているかを確認しましょう。

・冷蔵庫から
キッチンの冷蔵庫からも、水漏れが起こることがあります。床の濡れがひどい場所がシンク付近でない場合は、冷蔵庫の周りもチェックしてみて下さい。冷蔵庫から水が漏れる原因は、ドレンパンという冷蔵庫からの排水を受ける受け皿から排水があふれ出してしまう場合や、冷蔵庫の故障によって冷凍庫の中のものが溶け出してしまい、水漏れを起こす場合などがあります。

まず、ドレンパンの水量を確認し、満杯なら容器の水を捨てましょう。冷蔵庫自体の故障の場合は、中のものを取り出し、冷蔵庫を購入した家電量販店やメーカーなどに修理依頼を行って下さい。

水漏れを止めたら、次にすべきことは?

床の水漏れに気づいて、とりあえず水がこれ以上漏れないよう応急処置をしたら、次はなるべく早く床に染み込んだ水を乾かさなければなりません。順番にやるべきことを説明していきますね。

・床を拭く
最初にすべきことは、雑巾などで床や溜まっている水を拭き取ることです。漏れた水の量が多い場合、モップ、水切りワイパーなどを使うと効率的です。バケツがあれば、手元に用意しておくと、雑巾を絞って水気を切る際に便利です。もし、家具や家電が濡れていたら、タオルなどで拭き、できればビニールシートなどを敷いた別の場所に移動させて、これ以上濡れないようにしておきましょう。

・水気をなくす
床に溜まった水を拭き取ったら、次は新聞紙など水を吸い込むものを床に張り付けて、水気を床から極力なくしていきましょう。新聞紙が濡れたら、その都度新しいものに交換しましょう。

・乾燥させる
水気が完全になくなったら、部屋の湿度を下げるために換気を行いながら、乾燥材や除湿器、ドライヤーを駆使して、床を乾燥させましょう。表面に水気はなくてもフローリングの床なら木材に、コンクリート床ならコンクリートに染み込んでしまった水が残っています。そのままにしておくと、自然乾燥する前にカビや雑菌が繁殖してしまいます。

・除菌する
床に染み込んだ水分は、細菌にとってはご馳走であり、ベッドのようなもの。もし、細菌の繁殖を許してしまったら、床の劣化スピードを速めるだけでなく、シックハウス症候群などアレルギーを引き起こす要因となってしまうかもしれません。ですから、先手を打つ意味で、消毒用のエタノールを濡れていた床の隅々までスプレーし、除菌しておくのがおすすめです。エタノールは、カビのタンパク質を分解する働きがあり、またすぐに蒸発するため水分が残りません。ここまですれば、床はもう大丈夫です。

床の水漏れ、二次被害は甚大

もし床の水漏れに長い間気づかず放置していたとしたら、どんなことが起こるのでしょうか?

・床のはり替え
床の水漏れを放置していると、床が腐る可能性が高くなります。そうなると床板のはり替えが必要になるため、費用がかさみます。

・建物全体の劣化
水漏れを放置していると染み込んだ水で家全体に湿気が広がり、カビやダニが繁殖するなど、家全体が住むのに適さなくなってしまいます。

・家具、家電の破損
木製の家具に水が染み込んで、家具にカビが生えたり電化製品に水が入ると、家具が腐ってしまったり、家電が故障することもあります。

・シロアリ被害
シロアリは湿気を好むため、木材に水が染み込むとシロアリの発生を誘発します。シロアリが一度繁殖してしまうと駆除に結構な費用がかかり、家自体の劣化も早まります。

・漏電
水漏れにより家電などが破損し、それが原因となって漏電が起こることがあります。壊れた家電に直接触れて感電することもありますし、最悪の場合は漏電が原因の火災が発生することもあり得ます。もしお家が火災保険に入っていなければ、マイホームを失うだけでなく、莫大な借金を背負うことにもなりかねません。

・水道代の増加
例えば漏れている水の量がほんの少しだと、ちょっとくらいそのままでも大丈夫かな?なんて思ってしまうかもしれません。しかし、たとえ少量でも長時間水漏れが続いたら、水道代がかさんでいきます。いざ水道代の請求が来て、跳ね上がった金額に驚いても後の祭りです。

・階下への水漏れ
もしあなたのお家がマンションなら水漏れに気づかないでいると、階下の部屋まで水が染み込み、天井から水が漏れ出すなんてことも起こります。そうなると損害賠償ものなので、マンションにお住まいの方は、一軒家の方以上に水漏れに注意する必要があります。

水漏れ被害を最小限に抑えるために

水漏れを起こすと二次被害も含め、経済的にも身体的にもかなりの被害を受ける可能性があることをここまで説明してきました。水漏れはいつどこで発生するか分かりません。そのためにも、日頃から水回りをチェックして、水漏れの予兆がないか注意しておく必要があります。また、水漏れが起こった時迅速に対応できるよう、マンションの管理会社や修理業者の連絡先や情報を集めておくことも大切です。

水回りのトラブル、プロの力で即解決します

水のサポート愛媛では、松山市、西条市、四国中央市など、愛媛県全域で水のトラブルに対応しております。お電話を頂ければ、24時間365日、対応エリア内なら1時間以内に駆けつけます。気になることがあれば、遠慮なくご相談下さい。

お電話一本ですぐに駆けつけます!

水のサポート愛媛 0120-670-076

水のサポート愛媛 0120-670-076