水のコラム

お風呂の水トラブルは何が原因なのか?蛇口と排水口をクローズアップ!

2021年01月22日  お風呂のトラブル

お風呂場は毎日使う場所だけに、水のトラブルも比較的起こりやすい場所です。蛇口の不具合や排水口の詰まり、水の流れが滞るなどは代表的なトラブルと言えるでしょう。
今回は、蛇口と排水口にスポットを当てて、水トラブルの原因と対処法を紹介していきます。

お風呂の水トラブルは蛇口と排水口が多い

お風呂場で毎日使うのはお湯を貯める蛇口や、使用したお湯を流す排水口は、使用頻度が高くて汚れやすい部分です。また、排水口に関しては浴槽と洗い場の2箇所に排水口があるため、トラブルのリスクも2倍と考えることができます。

蛇口と排水口のどちらも、長年使用してきた経年劣化や日々の汚れの蓄積などが主な原因となり、水漏れや詰まりを引き起こします。

蛇口の種類と主な水漏れの例
お風呂の蛇口にはいくつか種類があり、代表的なものには2ハンドル混合水栓、シングルレバー混合水栓、サーモスタッド混合水栓などが挙げられます。これらは台に取り付けるか、壁に取り付けるか、シャワーとセットで取り付けるかのいずれかの方法でお風呂に取り付けられることが一般的です。

それぞれナット部分やパッキンがある場所からの水漏れが多く、時にはシャワーのヘッドとホースの接続部分やホース自体の劣化により水が漏れることもあります。
長年使用している蛇口の場合は、止水栓のサビが原因の場合もあるので、原因が良く分からないと思うときは業者に連絡する方が早く修理できるでしょう。

排水口の詰まりの原因は何なのか

排水口が詰まる原因としては、日々の入浴の際に出る髪の毛や垢、石鹸カスなどが挙げられ、定期的に掃除をしなかった場合、汚れが蓄積するために、水の通りが悪くなります。
浴槽内は排水栓により塞がれ、洗い場は排水口のフタによって普段は閉じられています。
どちらも排水すると下方向に水が流れていき、共通の排水トラップに合流して横の下水管へと流れていく仕組みになっています。

排水トラップは少し水が貯まる構造になっていて、水が溢れずに下水へと流れる役割と害虫や悪臭がお風呂に登ってくるのを防ぐ役割も担っています。お風呂場の排水口が詰まったときは、浴槽内の排水口・洗い場の排水口とともに、排水トラップもチェックすることが必要です。

排水口の詰まりの修理と掃除のやり方

排水口の詰まりを修理したい場合、はじめに部品を外してキレイに掃除することをおすすめします。

1 排水口の部品の種類
主に排水カバー、ヘアキャッチャー(ゴミ受け)、排水筒、排水ピースの4種類が挙げられ、これらを一旦外してキレイに洗ってみましょう。
特にヘアキャッチャーは髪の毛が絡んでいることも多いので、使い古しの歯ブラシなどで取り除いてみてください。

2 排水トラップ内部の掃除のやり方
排水トラップの内部を掃除するには、ワイヤーや、ワイヤーハンガーなどがあると便利です。
排水トラップを外すと、排水管に繋がる穴が見えるので、そこにワイヤーまたはワイヤーハンガーが伸ばして入れて、排水管の内側をこするように動かします。
ワイヤーでこすり取れる程度の汚れは除去することができる反面、汚れに直接触ることになるため、ビニール手袋を使うなど衛生面にも配慮すると良いでしょう。

3 パイプクリーナーや重曹を使って汚れを落とす
排水管の内部を一気に掃除するには、パイプクリーナーや重曹+クエン酸などが便利です。
手の届かない部分までそれぞれが流れ込み、汚れ・ヌメリ・カビなどを分解してキレイにしてくれます。
パイプクリーナーは市販のものでOK、使用方法に従って適量を排水管に流し込み、所定の時間放置したあとに水で良く流すだけです。
重曹は、人から出る皮脂や垢などの酸性の汚れに有効で、クエン酸はシャンプーや石鹸カスなどのアルカリ性の汚れに有効なものです。

どちらの汚れも一緒に浮かせて除去してくれるほか、殺菌・防菌効果も期待でき、人体にも優しいので小さな子どもや高齢者がいる家庭でも安心して使用できます。
ただ、重曹を使用するときは、熱湯は使用せずに40~60度くらいのぬるま湯を使うようにしてください。
熱湯を使用すると重曹が反応して発泡した泡が飛び散る恐れがあります。

お風呂の水トラブルは経年劣化やサビによるものと、日ごろのお手入れをさぼったために発生するものがあります。
どちらも定期的に確認したり、掃除したりしておけば、最悪の事態は避けることができるものです。
しかし、気づいたときにはすでに水漏れしていた・詰まりがひどくなっていた、と言う場合は迷わずに専門業者に依頼するのが良いでしょう。

水のサポート愛媛では、松山市の他、宇和島市、西条市、今治市など愛媛県全域で水まわりのトラブルの解消に尽力しています。水漏れをはじめとする水のトラブルでお困りの方は、被害が大きくなる前に水のサポート愛媛にご連絡ください

お電話一本ですぐに駆けつけます!

水のサポート愛媛 0120-670-076

水のサポート愛媛 0120-670-076